マニラに閉じこめられた話。

フィリピンの首都、マニラへの週末弾丸旅行。

 

mainichimaishin.hatenablog.com

 

中身が薄いながらも土曜日と日曜日の2日間の旅程を終え、予定どおり、定刻の3時間前にニノイアキノ空港に到着しました。

 

セブパシフィック航空のカウンターがある第3ターミナルは新しく、非常に快適な空間。早々にチェックインを終え、プライオリティ・パスで利用可能なPAGSSラウンジに入りました。

PAGSSラウンジは、ANAの上級会員向けラウンジを兼ねているだけあり、食事、アルコールともに非常に充実していました。サンミゲルのビールサーバーもあるし、ジンに至っては4種類もそろえられています。

評判の特製牛丼はこの日はなかったものの、フィリピンのお粥であるLugawにチキン、焼きそば。旅行中、ご当地グルメを一切食べなかった分、ラウンジでフィリピン気分を満喫します。

 

f:id:mainichimaishin:20200119214339j:plain

f:id:mainichimaishin:20200119214357j:plain


窓際で飛行機を眺めながら、搭乗時間ギリギリまで優雅な時間を過ごしました。

 

f:id:mainichimaishin:20200119214418j:plain


しかし、よかったのはここまで。

 

搭乗時間の20時15分を過ぎても、一向に動きがありません。

これだけならよくある話ですが、それにしても動かない。

 

f:id:mainichimaishin:20200119214553j:plain

 

10分、20分、30分。時間は刻々と過ぎていき、まわりもざわざわしだします。

そして、空港のスタッフがタブレットに中国語で何かを表示し、ほぼすべて中国人の客の束に見せました。

 

本日午後のタール火山の噴火により、離着陸すべて見合わせ。

 

このとき、この日の正午ごろ、マニラの南方約60kmに位置するタール火山が噴火したことをはじめて知りました。

火山灰は風に乗ってマニラ首都圏へ。何も知らずイントラムロスをうろうろと歩いていたわけですが、もしかすると火山灰をたっぷり吸いこんでいたのかもしれません。

 

f:id:mainichimaishin:20200119214610j:plain

 

結局、その日は全便欠航。

翌朝に上海で出勤するのは100%不可能、欠勤確定と相成りました。

 

しばらく搭乗口でねばりましたが、振替などの目処は立たず。

セブパシフィック航空の便の振替を待っているといつになるかわからないので、急いで新たに航空券を探し、韓国経由で翌日夜に上海に戻るアシアナ航空のフライトを確保しました。その時点でExpediaで予約できた唯一の便。とりあえずは安堵です。

 

帰りのフライトは翌日正午発。そのときには既に夜の23時。

ホテルを探すのをあきらめ、そのまま空港で夜が明けるのを待つことにしました。24時間営業のラウンジを使うつもりでしたが、もとの航空券は既に無効、泣く泣く制限エリア外に戻り、硬いイスで一晩を過ごさざるを得ません。

幸い、第3ターミナルは広く清潔で、イスの空きもそこそこありました。治安も気にならず、つかの間の休息です。

 

寝て起きたら事態はよくなっているだろう、と勝手に期待していたものの、翌朝、相変わらず全便欠航のまま。

 

f:id:mainichimaishin:20200119214533j:plain

 

しかし、その日の運航予定を見ると、午前中のフライトは軒並み欠航になっているのに対し、お昼以降は欠航の便とそうでない便が混在しています。おそらく、午後から徐々に復旧させていく予定なのでしょう。

改めて航空券を探したところ、昨晩予約したアシアナ航空の便と同じ時間に出発するフィリピン航空の便にも空きが出ていました。こちらはマニラから上海への直行便。アシアナ航空の便を予約したExpediaに確認したところ、手数料を払えばキャンセルできるとのことなので、保険のためにこちらのフィリピン航空のチケットもダブルでブッキング。どちらかが飛べばラッキーというつもりでお昼を待ちます。

その後、アシアナ航空は数時間の遅延、やがては取消の通知が来ました。一方、フィリピン航空は、フライトの3時間前になっても欠航の案内は来ない。これはいけると感じ、一晩を過ごした第3ターミナルからフィリピン航空が出発する第2ターミナルへ。

 

第2ターミナルのチェックインカウンターはごったがえしています。どうやら空港は動きはじめたようです。

 

f:id:mainichimaishin:20200119215010j:plain

 

1時間ほどならんで無事にチェックイン完了。搭乗口でそのときを待ちます。

昨日には到着していたであろう飛行機の機体には火山灰が積もっています。

 

f:id:mainichimaishin:20200119215054j:plain


12時の搭乗予定時刻を過ぎる。まあ、これは予想どおり。

14時ごろ、その日の第1便がようやく離陸。以後、飛行機が離陸したり着陸したりする姿がちらほら見えだします。

15時、16時。でも、一向に呼ばれない。せわしなく搭乗督促のアナウンスが流れるも、その行先は香港だったりシンガポールだったり。欠航を免れた飛行機の順番待ちかと思っていたのですが、どうやら上海行きは順番を抜かされている模様。

 

そして、17時。朝から辛抱強く待っていたぼくたちにSMSで残酷な通知が届きました。

 

取消。

 

当然のごとく、あたりは騒然となります。

ほかの便は飛んでいるのになぜ飛ばないんだ、なぜ何時間も待たせるのか。

 

昨日から24時間近く空港で過ごしていたぼくはさすがに限界。その日は早々にあきらめ、空港近くのホテルを急遽確保。同時に翌朝のフライトを予約し、次の日にすべてを賭けました。

ちなみに、そのフライトは午前6時台発のフィリピン航空、価格は833ドル。米ドルです。466元、約7千円の貧乏旅行はもう過去の話になりました。

 

その日は1泊3千円の安宿に泊まり、翌朝の午前3時、ニノイアキノ空港の第2ターミナルに再度アタック。

 

半日前にも見たこの光景。今度こそ見納めになってくれ。

 

f:id:mainichimaishin:20200119215324j:plain

 

そして、いよいよ待ちに望んだ「BOARDING」の文字。

 

f:id:mainichimaishin:20200119215452j:plain

 

土日の弾丸旅行のはずが、上海に戻ったのは火曜日のお昼でした。社会人としてあるまじき失態。でも、無事に帰ってこれて本当によかった。

週末マニラ弾丸旅行、嵐の前の静けさ。

先週末、フィリピンのマニラに旅行してきました。

 

mainichimaishin.hatenablog.com

 

往復466元、約7千円の格安旅行。

結果として散々な目にあってしまったのですが、長くなるので、まずは順調だった時間をざくっとふりかえります。

 

午前1時35分に上海を出発した飛行機は、土曜日の朝の6時前にマニラに到着しました。

まわりの観光地はまだ始動していない時間です。市場をぶらぶらまわるのは危険と聞いていたので、確実に24時間空いていて、かつセキュリティーもしっかりしていると思われる場所に向かうことにしました。そう、カジノです。

 

f:id:mainichimaishin:20200118145540j:plain

 

オカダマニラは日本資本によるカジノで、ニノイアキノ空港からタクシーで15分ほどの距離にあります。

オカダマニラのカジノはマカオにも劣りません。ぼくがいつも遊ぶグランドリスボアと同じ台でひととおりスロットを楽しんだり、スタバで会社の仕事を進めたり、ぼーっと噴水を眺めたりしてただ時間が過ぎるのを待ちます。

 

f:id:mainichimaishin:20200118145727j:plain


お昼ごろまで粘り、いい加減飽きたころにオカダマニラを脱出、タクシーでオーシャンパークに移動します。

 

f:id:mainichimaishin:20200118145903j:plain

 

水族館を冷やかしながら適度に時間をつぶしたあと、オーシャンパークから徒歩すぐ、リサール公園に隣接する目的地、マニラホテルへ。

 

f:id:mainichimaishin:20200118150502j:plain

f:id:mainichimaishin:20200118150409j:plain

 

マニラホテルは、1912年開業の由緒あるホテル。

普段の貧乏旅行では絶対に泊まらない高級ホテルですが、格安の航空券でやってきた代わりにホテルは豪勢にしてホテルステイを楽しもうというのが今回の旅行の趣旨。なので、奮発しました。

さらに思いきってクラブラウンジのフロア。実に1泊2万円超えです。

 

f:id:mainichimaishin:20200118150545j:plain

f:id:mainichimaishin:20200118150634j:plain

 

深夜の移動でロクに寝ていなかったので、チェックイン後はアラームをかけてすぐに爆睡。

夕方にしっかり目覚め、ホテルの部屋からマニラの夕暮れを眺める。大満足です。

 

f:id:mainichimaishin:20200118150903j:plain

 

その日はホテルのクラブラウンジで軽食とアルコールを楽しんだだけで終了。


そして、2日目。

 

お昼前にホテルをチェックアウトしたあと、16世紀にスペイン人が建設した古都、イントラムロスに向かいます。マニラホテルからイントラムロスまでは徒歩で20分強。路地裏的な道もあるので、心配ならタクシーに乗ったほうがいいかもしれません。

サンアグスティン教会、マニラ大聖堂、サンチャゴ要塞などの歴史的建造物が壁のなかに収まっています。

 

f:id:mainichimaishin:20200118151123j:plain

f:id:mainichimaishin:20200118151157j:plain

f:id:mainichimaishin:20200118151243j:plain

 

その気になれば半日以上過ごせるエリアですが、夜のフライトで上海に戻るため、急ぎ足で見学。夕方前にはイントラムロスを離れ、空港に向かいます。

マニラは渋滞がひどいと聞いていたので心配していましたが、早めに出発したのが奏功したのか、フライトの3時間前にニノイアキノ空港に到着しました。

 

フィリピンはマニラの週末弾丸旅行。スリに遭うこともなければ、銃を突きつけられることもなく、しかも初日の朝のカジノで航空券とホテルの分を稼いで、実質ただの海外旅行。

めでたしめでたしで終わるはずだったのに、ここからが長かった。

気がつけば大晦日。

今年の10月から継続してきた毎日更新ですが、先週、ついに途切れました。

 

これまで毎日、朝か夜、時には翌日に後追いで記事を書いています。なんとなくそんな生活のリズムができていました。

もともと、1ヶ月のあいだは毎日書こうという思いはあったものの、いざ1ヶ月を超えてみると、まだいけるかも、という感触。難なく2ヶ月も超えて、じゃあ、キリのいい100日間チャレンジだ。

 

そんなあまい考えがあったのですが、年末年始に向けての仕事の追いこみで断念してしまいました。終わるまでは帰宅後もとにかく仕事。ブログのことを考える余裕なんてありません。

 

f:id:mainichimaishin:20191231100134j:plain

 

もっとも、会社はホワイト中のホワイト。ぼくの仕事も特にボリュームが多いわけではありません。

きっちり計画して進めていれば、何の問題もないはずの仕事。でも、組織の長として自由に仕事を進められる環境にあまえて、ついつい後回しにしてしまっていました。

そのツケを、残業とブログの更新中止というかたちで払う羽目に。

 

無事にツケを払い終え、なんとか年末年始の旅行に出発。いま、タイのバンコクでこの記事を書いています。

気がつけば大晦日。最後の最後でふりかえる時間を設けられたのはラッキーでした。

 

f:id:mainichimaishin:20191231100526j:plain

 

毎日更新の呪縛を断つ口実ができたと前向きに捉え、これからはマイペースでアウトプットしていきます。

相対的に評価上昇、煙台の張裕酒文化博物館。

青島の青島ワイン博物館は、近所の青島ビール博物館の素晴らしさとのギャップも相まって、ただただ残念でした。

 

mainichimaishin.hatenablog.com

 

ところで、その記事でも言及した同じ山東省の煙台にある張裕酒文化博物館。

とても充実していたような印象があったのですが、よくよく過去の写真を見ると、実は同じようにがら空きであったように思えてきました。

はたして事実はどうなのか。写真をふりかえりながら、記憶を掘りおこしていきます。

 

張裕は1892年創業の老舗中の老舗。中国の国産ワインでは長城、王朝とならぶ有名なブランドです。青島ビールよろしく、その博物館には老舗の矜持があるはず。

青島ビール博物館初訪問から遡ること1年、2016年の夏の終わり、煙台マラソンに参加するついでに訪れたのが張裕酒文化博物館でした。

 

f:id:mainichimaishin:20191228205630j:plain

f:id:mainichimaishin:20191228210546j:plain

 

当時、アウトプットをまったく意識していなかったため、写真も最低限しか残していません。かぎられた情報から推測するに、張裕酒文化博物館も青島ワイン博物館同様に人の入りは多くありませんでした。

しかし、ただの貯蔵庫であった青島ワイン博物館と異なり、さすがに120年以上の歴史があり、ぶどうから実際につくっているワイナリーである張裕は違います。

 

まず、試飲が違う。張裕ご自慢の赤と白をそれぞれ1杯ずつしっかりと試飲させてくれます。

 

f:id:mainichimaishin:20191228205723j:plain

 

さらに、DIYのブランデーのおみやげつき。

DIYといっても、空のボトルにブランデーを注ぎ、ふたをして、ラベルを貼るだけ。それでも、しっかりしたおみやげをもらえるだけどれだけ素晴らしいか。

 

f:id:mainichimaishin:20191228205802j:plain

 

張裕酒文化博物館のハイライトは、歴史を感じさせる貯蔵庫。

 

f:id:mainichimaishin:20191228210007j:plain

f:id:mainichimaishin:20191228210011j:plain

 

実は、写真らしい写真はこれだけ。運営も個人の成績も散々だった翌日の煙台マラソンの印象に上書きされてしまったのかもしれません。

煙台には、フランスのメドックラソンよろしくレース中にワインが振舞われる蓬莱ワインマラソンもあります。次に煙台を訪れたときに張裕酒文化博物館も再訪してみましょうか。

青島の天空の和室から煙突を望む。

「天空の和室」こと、青島の青島醒心亭日式酒店に宿泊してきました。

 

mainichimaishin.hatenablog.com

 

醒心亭は青島のCBD(中心業務地区)に位置します。

どの都市のCBDも、観光地とは無縁の無味乾燥なイメージがあります。青島のCBDも例外ではなく、青島ビール博物館や迎賓館といった観光エリアから離れ、かろうじてショッピングモールの万達広場がある程度という立地。

かといって、コンセプトからして「天空の和室」がビジネスマン向きというわけであるはずもなく、正直、中途半端です。

 

醒心亭は卓越世紀中心の43階に位置します。

2階下の41階にはキーエンスの事務所があるように、思いっきりビジネス向けのビルです。

 

f:id:mainichimaishin:20191225082121j:plain

f:id:mainichimaishin:20191225083617j:plain

 

今回泊まった「日式豪华套房」は、ふとんが敷かれた寝室と、その奥の茶室から構成されたスイートルームです。至ってシンプル。

 

f:id:mainichimaishin:20191225082201j:plain

f:id:mainichimaishin:20191225082340j:plain

 

最大の特徴は、全面の窓。

和室はもちろん、お風呂やトイレからもまわりが眺望できます。ビジネス街を眼下に収めてのトイレはなかなかに開放的、かつ解放的です。

なお、チェックイン時にお風呂用にバスクリンひとつをもらえます。

 

f:id:mainichimaishin:20191225082524j:plain

f:id:mainichimaishin:20191225082530j:plain

 

惜しむらくは、この日、若干曇っていたこと。空気はまずまずですが、どうやらこの週末の青島は霧ががっていたようです。

窓から見える煙突は、青島能源熱量有限公司。朝から晩までもくもくと煙を吐きだしていますが、ここ数年の中国は環境規制が非常に厳しいため、それほど悪いものを出しているわけではないはずです。

 

一番の売りである眺めがいまいちだったのはがっかりしましたが、気を取り直して、晩ごはんの買出しへ。

 

ホテルのフロアには、食堂とコンビニがあります。

食堂の営業は17時からですが、この日は閉まっていました。コンビニと名乗りながら、営業時間は10時から19時まで。お酒から雑貨まで、日本からの輸入品がそろっているものの、市価よりだいぶお高い。

というか、宿泊客の気配がない。もしかすると、この日はぼくひとりだけだったのかもしれません。

 

f:id:mainichimaishin:20191225082939j:plain

 

さて、万達広場で無事に食料を調達し、青島ビール博物館のまわりで買ったビールと一緒に青島人の幸福三宝であるビール、貝、海水浴のうち2つを実践します。

夜は隣のビルのネオンがまぶしく目がくらみそうになりますが、ノーブランドの生ビールですっかり酔っぱらい、気持ちよく就寝。

 

f:id:mainichimaishin:20191225083210j:plain

 

日曜日の午後のフライトで上海に戻るため、午前中にチェックアウトし、路線バスと空港バスを乗継いで、約1時間半で青島流亭空港に到着。

 

例えば、温泉まんじゅうの代わりがエッグタルトだったり、畳の配置に違和感があったりと、なんちゃって感は否めない日式酒店でしたが、高層ビルの和室というコンセプトは興味深いものでした。

地方に行くと、おそらくゴースト化しているであろう高層ビルを少なからず見かけます。この「天空の和室」は、地域再生、一発逆転の切り札になりうるのではないか、と勝手に考えているのですが、いかがでしょうか。

青島ビール博物館からの落差、青島ワイン博物館。

青島ビール博物館から徒歩10分ほどの距離に青島ワイン博物館はあります。

青島といえばビールですが、ご近所の煙台はワインの街。自然、青島でワインづくりが発達していても何の疑問もありません。

 

もともと青島ワイン博物館を訪れる予定はありませんでした。たまたま、空港バスの社内で青島ビール博物館まで何kmという標識の下にならんでいた青島ワイン博物館の案内を見かけて、その存在をはじめて知りました。

それなら、青島ビール博物館のあとに冷やかしてみるか。そんな軽い気持ちで訪れました。

 

mainichimaishin.hatenablog.com

 

青島ビール博物館から北に約1km歩き、それらしきモニュメントに遭遇。

 

f:id:mainichimaishin:20191223202807j:plain

 

階段をのぼっていくと、このとおりすっかり錆びた看板。ただ不安だけが増幅します。

そのまま進むと、ワイン樽を模したいかにもな建物。

 

f:id:mainichimaishin:20191223202838j:plain

f:id:mainichimaishin:20191223203054j:plain

 

それにしても人の気配がありません。写真を撮りながらうろうろしていると、中から人が。曰く、ここは出口で、入口は反対側の通りにあるよ、と。

この寂れっぷりに心配していたのでどこかホッとしました。

 

さて、裏の通りにまわり、ようやく入口に到達。案内らしい案内もないので、ちょっと迷いましたが、入口からして仰天。どう見てもマンションの1階です。

 

f:id:mainichimaishin:20191223210735j:plain

 

でも、青島ビール博物館と同じ国家AAAA級の観光地だから、ハズレはあるまい。と、こちらも青島ビール博物館と同じ50元の入館料を払います。

 

入館すると、マンション1階の謎が解けました。

ここはかつてのワイン貯蔵庫を博物館に改装したもので、地下へ地下へと進んでいく形式でした。

 

f:id:mainichimaishin:20191223210859j:plain

 

ゆるやかな坂の左右には、ワインの知識がならべられています。ぶどうの品種、ワインの歴史、健康への効用。なかなか丁寧な展示ですが、いかんせん誰もいません。

 

f:id:mainichimaishin:20191223210939j:plain

 

そして、レプリカの彫像にきらきらの照明。見せかたが安っぽい。とにかく、安っぽい。

 

f:id:mainichimaishin:20191223211003j:plain

 

地下の暗がりのなか人っ気がないので、不気味で落ち着きません。

おまけに、クサイ。かつての貯蔵庫なので多少のカビくささは仕方がないとしても、奥に進むにつれて公衆便所のニオイが。

このままゆっくりしていてもトイレのニオイをからだに染みこませるだけ。そこそこ力の入った展示が続きますが、早々に退散。

 

最後に試飲のスペースがありますが、チケットと交換で渡されたのは、スーパーの試食でよく見かける小さなコップにほんのちょっと注がれた赤ワインと、スナック菓子の小袋。

参考までに青島ビール博物館の試飲とも比較してみました。

 

f:id:mainichimaishin:20191223211157j:plain

f:id:mainichimaishin:20191223211234j:plain

f:id:mainichimaishin:20191222194646j:plain

 

展示そのものは悪くないだけに、最初はそれなりに集客を見込んでいたのでしょう。しかし、あまりの人気のなさに集客を完全にあきらめた、といった雰囲気です。

青島ビール博物館や煙台の張裕酒文化博物館がリピート必至の優秀さだけに、ただただ残念。

青島ビール博物館で朝からビールを飲みまくる。

2017年10月以来、2度目の青島ビール博物館見学です。

 

朝の8時前に青島に到着したら、そのまま702番の空港バスで華陽路まで1本、20元。華陽路のバス停から歩くこと約1kmで青島ビール博物館に到着します。

 

f:id:mainichimaishin:20191222192614j:plain

f:id:mainichimaishin:20191222192617j:plain

 

2年前との違いは、博物館のそばに利津路駅ができていたこと。青島ビール博物館の最寄りは間違いなくこの地下鉄2号線の利津路駅でしょう。

時代の流れを感じますが、後々調べてみると、青島地下鉄2号線のこの利津路駅を含む区間はどうやら今週開通したばかりのようです。

 

f:id:mainichimaishin:20191222192719j:plain

 

さて、青島ビール博物館の入口はリニューアルのため閉鎖されていました。代わりにQRコードをスキャンし、好みのチケットを買う必要があります。

通常のチケットは50元で、生ビール1杯とドラフトビール、おつまみのビール豆がセットです。ぼくは今回、プラスアルファでいくつかの種類の飲み比べができるEのチケットを購入しました。90元です。

 

f:id:mainichimaishin:20191222193824j:plain

f:id:mainichimaishin:20191222193829j:plain

 

よくわからないままに入口そばのインフォメーションセンターに入ったところ、さらに青島ビール博物館のパスポートをもらいました。どうやらEのチケットに含まれる「夜猫子奇幻夜打卡护照」はここで交換するようです。

この「パスポート」はスタンプラリーの台紙になっていて、計11個のスタンプのうち6個を集めれば最後にビールと交換してくれるとのこと。そのままスルーして入館してしまうところでした。危ない危ない。

 

f:id:mainichimaishin:20191222193808j:plain

f:id:mainichimaishin:20191222194354j:plain


青島ビール博物館に到着したのは朝の9時半ごろ。9時にオープンしたばかりなのでがらがらかと思いきや、老若男女、大量の団体客。

前回も朝の見学でしたがそこまで混雑していませんでした。要は運しだいなのてしょう。

 

f:id:mainichimaishin:20191222193931j:plain

 

展示そのものは2年前と変わりません。

青島ビールの歴史を展示したA館、昔と現在の工場を展示したB館。試飲はB館なので、飲み目的ならいきなりB館に入ってしまってもいいのでしょう。


展示で特に印象的だったのは、青島人の3つの幸せ。ビールを飲み、貝を食べ、そして、海水浴。実にうらやましいライフスタイルです。

 

f:id:mainichimaishin:20191222194707j:plain

 

この日は高校生と思しき団体と遭遇。ゆっくり見学できそうになかったので、ぼくも足早に試飲エリアへ。

 

さて、試飲エリアでは小ジョッキと甘いビール豆を渡されます。

チケット制ではないため、その気になれば何杯でも飲めるのかもしれませんが、ぼくにそんな勇気はありません。

 

f:id:mainichimaishin:20191222194633j:plain

f:id:mainichimaishin:20191222194646j:plain

 

最後はビアレストラン。

先ほどの学生さんが占拠して、席がありません。ノンアルコールビールを飲みながら集合時間まで時間をつぶすのが彼らの仕事なのだからしょうがない。

入口でもらったリストバンドと交換でもらったビールのグラスを傾けながら、こちらもしばらく隅っこで時間をつぶします。

 

f:id:mainichimaishin:20191222195950j:plain

f:id:mainichimaishin:20191222201324j:plain

 

どれぐらい待ったでしょうか、ようやく席を確保し、お楽しみの飲み比べ。

おつまみはソーセージの盛り合わせと羊肉串。そこそこ値は張りますが、ビールをより美味しくいただくためには仕方ない。

 

f:id:mainichimaishin:20191222200335j:plain

 

グラスとはいえ、朝から5杯も飲めばそこそこの酔っぱらいになります。

博物館のまわりで買える名物の袋ビールは今回パスし、次の目的地、青島ワイン博物館へ向かうことにしました。

 

f:id:mainichimaishin:20191222201721j:plain

 

見ても楽しい、飲んでも楽しい。青島ビール博物館は国家AAAA級の観光地ですが、AAAAA級を名乗っても罰が当たらないであろう中国の観光スポットの雄、鑑でした。